蛇の診察室 毒蛇の判別 咬症の診断 よくある質問
毒蛇の判別
 マムシは北海道から九州まで、ヤマカガシは本州、四国、九州に生息しているが、ヤマカガシ咬症は非常に稀である。しかし、マムシ咬症がその症状やヘビの判別の間違いからヤマカガシ咬症と間違われることがしばしばある。また、アオダイショウの子ヘビは親とは模様が異なることや、人に出会うと頭を三角形にして威嚇し、咬みついてくることもあるのでマムシと間違われることも多く、イワマムシシロマムシキマムシなどと呼ばれることがある。また、図鑑には子ヘビの写真が載っていることが少ないため、判別できないことがほとんどである。


A.体の色彩や斑紋などによる判別

1)褐色ないし赤褐色(茶色ないしこげ茶色)で、丸い大きな斑紋が体の左右に1列ずつ並び、 その斑紋の中心に暗色の点がある。眼では虹彩の下半分は黒っぽく、眼の後ろに太い黒い     線が続く。全長は大きくても60cmほど。
・・・・・・・・・・・ニホンマムシ

2)[東日本、中国、四国、九州] 赤と黒の斑紋が交互に並び、下あごや頸の付近が黄色っぽい。中国地方では青っぽい個体も見られる
  [近畿] 全身がくすんだ緑色で、赤や黒の斑紋はほとんどないか、赤い斑紋がわずかに残る。
・・・・・・・・・・・ヤマカガシ

3)オリーブ色ないし灰色で背中の中心にそってはしご状の模様がある。虹彩の色はうすく、眼の後ろに黒い線が続く。
・・・・・・・・・・・アオダイショウの子ヘビ

B.牙痕(咬まれた傷あと)からの判別

1)針で刺したようなあとが1つまたは1cm前後の間隔で2つある。 まれに引っかき傷として残ることもある
・・・・・・・・・ニホンマムシ

2)1、2列ないし4列の歯形がある。     ・・・・・・・・・ヤマカガシおよび無毒ヘビ

C.症状からの判別

1)特別な症状はない。     ・・・・・・・・・ヤマカガシおよび無毒ヘビ

2)咬まれた局所を中心に痛みと腫れが広がる。(まれに軽度の場合もあるー咬症の診断)     ・・・・・・・・・ニホンマムシ

3)数時間から1日ほど経過して、歯ぐきや傷からの持続性の出血が見られる。(30分ほどで一過性の激しい頭痛を伴うこともある)      ・・・・・・・・ヤマカガシ

4)痛みや腫れはほとんどないが、血圧の低下や出血傾向が見られる。      ・・・・・・・・・ニホンマムシ

D.どうしてもヘビが判別できない場合や確信が持てない場合
  またはヘビかどうかも判断できない場合


(財)日本蛇族学術研究所 に問い合わせる。
  8:30〜18:00は0277-78-5193へ、それ以外の時間は左の番号にかけて、留守番電話で案内している緊急の
   連絡先(堺 淳)へかけてください。緊急の場合のみ夜中でも受けております。または日本中毒情報センターにも
   登録されていますので、そちらでも緊急の連絡先を聞くことができます。緊急の場合は遠慮なくご連絡ください。


毒蛇咬症ではヘビの判別が非常に重要であるが、夜間の草むらで咬まれた場合にそれがヘビかどうか確認できない
  ケースも多い。そのようなケースでは患者がヘビを確認していないため、あまり進行していない状態ではドクターも
  小さな刺し傷を虫刺されと誤診してしまうことも多い。そのためマムシ咬症の治療が遅れ、腫脹が拡大して重症化して
  してしまうことがある。
  また、比較的よくマムシを見て知っている農家の人でも、下の写真のようにいろいろなタイプのマムシがいるため、
  判別を間違っている場合もしばしばある。そのため病院で間違った治療を行うことになる。このような判別間違いは多く、
  毎年ヤマカガシ咬症と診断されてヤマカガシ抗毒素の依頼があるが、そのほとんどが誤診である。


注意)ヤマカガシやシマヘビでは全身が黒い個体(黒化型)がしばしば見られる。
       マムシでも、かなり赤っぽいのから黒いのまで色彩にはかなり変異があり、
       また、丸い斑紋も形がくずれていることがある。 
ニホンマムシ
胎生で9月頃に子ヘビを生む。
草刈りやキノコ採り、農作業中等に手を咬まれることが多い。色彩変異が大きく、判別が難しい場合もある。攻撃範囲は30cmほど
ニホンマムシ
左上:普通タイプ
上 :赤っぽいタイプ
左 :褐色で斑紋のないタイプ
ニホンマムシ
左上:模様の黒いタイプ
左 :黒化型
アオダイショウ(幼蛇)
成蛇とは模様や色が異なっており、また、外で出会うと頭を三角にして威嚇し、咬みついてくることもあるので、よくマムシと間違われる。人家付近でよく見られる。
左がよく見られる普通型で、右は縦縞タイプ。時々同じ親から生まれるが、珍しい。
ヤマカガシ(関東産)
赤と黒の斑紋が特徴であるが、個体差は大きい。カエルをエサとしているため、水田や池、川で多く見られる。
ヤマカガシ(中国産)
中国地方では、もちろん赤と黒の斑紋の個体も見られるが、左のような青みがかった個体もしばしば出現する。
ヤマカガシ(近畿産)
赤と黒の斑紋がほとんどない個体が多く見られる。関東産との中間色も多い。
ヤマカガシ(黒化型)
全身真っ黒の個体がしばしば見られるが、多くはあごの下が黄色い。
シマヘビ
左:普通型と黒化型

シマヘビの黒化型は、あごの下が白いのが多く、体の側面に白い斑点がある個体が多い。しかし、全身真っ黒の個体も見られる。
シマヘビ(幼蛇):左
アオダイショウと同様に親子で模様が全く違う。さらに頭を三角にして威嚇してくることもあり、マムシと間違われる。
ジムグリ(右上、右)
右上:成蛇。茶色または茶褐色で背面はあまり特徴はない。
右:幼蛇。オレンジ色に黒い斑点がある。黒斑のない個体 (アカジムグリ)も見られる。『無毒』
ヒバカリ(無毒):左
水田や湿地で見られる50cmほどの小型のヘビ。頸部の淡黄色のすじが特徴。このヘビもよく頭を三角にして威嚇してくるが、一度捕まえるとあまり咬んでこないおとなしヘビ。
シロマダラ(無毒):左
50, 60cm程度の小型のヘビで、夜行性のためあまり見ることはない。そのためこのヘビを見ると毒蛇や外国産のヘビと間違われることがある。このヘビも頭を三角にしてよく咬みついてくる。
トップページ > へび百科 > 毒蛇の判別 ▲このページの先頭にもどる
新着情報 | 園内案内 | アクセス | ギャラリー | へび百科 | ふれあいコーナー | へび研裏話 | リンク集 | お問い合わせ

〒379-2301 群馬県太田市藪塚町3318 電話 0277-78-5193. Fax 0277-78-5520
Copyright © 2002-2007 The Japan Snake Institute. All rights reserved.

(財)日本蛇族学術研究所