蛇の診察室 毒蛇の判別 咬症の診断 よくある質問
蛇の診察室
ヘビと病気について
ヘビの診察・検査
ヘビの治療
拒食
脱皮不全
削痩(やせる)
眼の異常
体の腫れ(はれ)
口内の異常
皮膚の異常
吐き戻し
寄生虫 ・ 外部/内部

皮膚の異常

 ここでは、脱皮不全以外の皮膚の異常を紹介します。

ビルマニシキヘビ(アルビノ)。
2匹重なっていますが、下の方は色がくすんでいます。脱皮前のヘビはこのように白っぽく体色がくすみます。これは病気ではありません。
タイワンアオハブの腹板(お腹側)。
赤い斑点が出ています。皮膚の炎症または全身性の病気にかかっているときに見られることがあります。このヘビは重度の肺炎を起こしていました。
死亡したカリフォルニアキングスネークの腹板。
赤くなった部分が見られます。
吻端がすり切れたタイワンコブラ。
ケージ越しにガシガシアタックをかけた結果です。
治りかけの傷(ビルマニシキヘビ)。
脱皮の際、この部分に脱皮殻が残ってしまうことがあります。
簡単に裂けてしまう皮膚(ボア)。

←前に戻る 次に進む→
トップページ > へび百科 > 蛇の診断室 > 皮膚の異常 ▲このページの先頭にもどる
新着情報 | 園内案内 | アクセス | ギャラリー | へび百科 | ふれあいコーナー | へび研裏話 | リンク集 | お問い合わせ

〒379-2301 群馬県太田市藪塚町3318 電話 0277-78-5193. Fax 0277-78-5520
Copyright © 2002-2007 The Japan Snake Institute. All rights reserved.
お問い合わせ:(一財)日本蛇族学術研究所