蛇の診察室 毒蛇の判別 咬症の診断 よくある質問
蛇の診察室
ヘビと病気について
ヘビの診察・検査
ヘビの治療
拒食
脱皮不全
削痩(やせる)
眼の異常
体の腫れ(はれ)
口内の異常
皮膚の異常
吐き戻し
寄生虫 ・ 外部/内部

眼の異常

ヘビでは眼に関するトラブルはよく見られます。脱皮の前には眼は白濁しますので病的なものとは鑑別する必要があります。眼のうろこが取れずに残ってしまうケースや、眼のうろこと眼球の間に膿がたまったり眼に傷を負いうろこが損傷して眼球が露出したりなどいろいろなトラブルが見られます。スネークセンターでも、眼に膿がたまったニホンマムシタンビマムシが見つかり、麻酔をかけて眼のうろこを少し切開して膿を洗い流したというケースがありました。

ヘビの眼の表面は透明のうろこでおおわれています。そして、それは脱皮の時に一緒に取れます。ヘビではこの透明なうろこに関連するトラブルがよく見られます。

頭部のぬけがら。
眼のうろこも一緒に取れているのがわかります。
脱皮前のヘビの眼。脱皮前には白くなります。脱皮までの日数によって白さの濃さは変わります。
(これは、パフアダーというヘビ。毒蛇だー!)
シマヘビ。左眼が白くなっています。右眼は正常。
上の写真と同じシマヘビ。これは脱皮の時に
眼のうろこが取れずに残ってしまったものです。
アオダイショウ。眼の周りが白くなっています。
白く濁った眼。これもうろこが残ってしまっています。
取り除いた両眼のうろこ。
眼のうろこが脱皮の時に取れずに残ってしまったときには、ピンセットなどで取ってやらなくてはならない場合もあります。
眼にたまったうみ(マムシ)。
このようなケースでは眼の表面をほんの少し切ってうみを洗い流します。

←前に戻る 次に進む→
トップページ > へび百科 > 蛇の診断室 > 眼の異常 ▲このページの先頭にもどる
新着情報 | 園内案内 | アクセス | ギャラリー | へび百科 | ふれあいコーナー | へび研裏話 | リンク集 | お問い合わせ

〒379-2301 群馬県太田市藪塚町3318 電話 0277-78-5193. Fax 0277-78-5520
Copyright © 2002-2007 The Japan Snake Institute. All rights reserved.
お問い合わせ:(一財)日本蛇族学術研究所