蛇の診察室 毒蛇の判別 咬症の診断 よくある質問
蛇の診察室
ヘビと病気について
ヘビの診察・検査
ヘビの治療
拒食
脱皮不全
削痩(やせる)
眼の異常
体の腫れ(はれ)
口内の異常
皮膚の異常
吐き戻し
寄生虫 ・ 外部/内部
ヘビと病気について
ヘビも他の動物のように病気になります。ここでのヘビとは人間によって飼育されているもので、野生のヘビではありません。野生のヘビも病気になっているかもしれませんが、どんな病気にかかっているのかを知ることは困難です。よってここでは飼育されているヘビの病気を紹介していきます。

飼育下では、野生下とは違って外敵もいないですし、事故や餌の不足などがおこることは普通はあり得ません。ヘビにとって長生きできる‘良い’環境のように思われるかもしれませんが、実際には餌を食べなかったり、病気を発症したりして死んでしまうことも少なくありません。

なぜ、ヘビは病気になるのでしょうか?それはヘビにとって今いる環境(飼育下)が病気になりやすい環境だからです。飼育下では様々なストレスがかかっています。飼育環境が狭すぎる、広すぎる、隠れる所がない、落ち着ける体勢がとれない、振動がある、暑すぎる、寒すぎる、乾燥しすぎている、じめじめしすぎている、餌が合わない、人間に見られる、人間に触られるなどヘビにとってストレスになり得ることがたくさん考えられます。ストレスのかかる状態に長く置かれると免疫力が低下し、いろいろな病気が発症しやすくなることが考えられます。よってヘビを飼育する場合、ヘビに合った環境にしてやるなどストレスのかからない状態にすることが非常に重要になってきます。実際に野生捕獲ヘビを飼育すると何らかの病気を発症するケースが多いような印象があります。

スネークセンターには世界中のヘビがいますが、種類によってあるいは同じ種類でも個体によって新しい環境にすぐなれたり、逆になれなかったりということが実際にはあります。そのヘビの習性やその時の健康状態などを見極めることが大切です。
カリフォルニアキングスネーク ビルマニシキヘビ
ヤマカガシ シマヘビ
 
←前に戻る 次に進む→
トップページ > へび百科 > 蛇の診断室 > ヘビと病気について ▲このページの先頭にもどる
新着情報 | 園内案内 | アクセス | ギャラリー | へび百科 | ふれあいコーナー | へび研裏話 | リンク集 | お問い合わせ

〒379-2301 群馬県太田市藪塚町3318 電話 0277-78-5193. Fax 0277-78-5520
Copyright © 2002-2007 The Japan Snake Institute. All rights reserved.
お問い合わせ:(一財)日本蛇族学術研究所